釣具のメンテナンス方法

大事に釣具を使うためのメンテナンスサイト

釣具を大事に扱う為のメンテナンス方法

釣具のメンテナンスに必要なこと

釣りは、川や海で行いますが、海釣りの場合厄介なのはやはり海水です。
塩分を含む海水の影響で、金具部分が錆びてしまうおそれがあります。
これはどの釣具にも当てはまるのですが、まずは水もしくはぬるま湯で洗い流してあげることが一番重要です。
その後はそのままにせず、水切りをしたうえで乾いた布などで拭いてあげましょう。
しかしながら竿など布が届きにくい箇所もありますから、風通しの良い場所に置いて乾かすことも必要です。
また、ネジがついているものはきちんとネジを外し洗い流すことも大事なことといえます。
さらに、クーラーボックスなど釣った魚を入れたものは生臭さが残ってしまいますので、水洗いだけでなく食器用洗剤などを使いスポンジで洗うことをお勧めします。
流した後は、蓋を開けた状態で風通しの良い場所に置くことも大事です。

釣具をメンテナンスしないとどうなるか?

釣具をメンテナンスしないとどうなるでしょう?
答えは簡単です。
錆びてしまいます。
当たり前のことですが、海水により金属は錆び劣化の原因となります。
その結果、リールが巻けなくなったりして使い物にならなくなります。
水で洗い流すだけでは十分とは言えません。
もちろん塩水を洗い流すために、水やぬるま湯で洗い流すことは大事なことですが、どんなものでも濡れたものをそのままにしておけば結局錆びついてしまいます。
ですから、きちんとメンテナンスをしなければ使い物にならなくなり新たに買い替える必要が出てきますので注意しましょう。
サボらずこまめにメンテナンスを行っていれば、釣具を長い期間大切に使うことができ、愛着が湧いてくるでしょう。


この記事をシェアする